​事業所からのお知らせ

こちらのボタンもクリックしてみてください。➡

令和2年9月3日

通所されている皆さんへ  Vol. 9

お疲れ様です。

前回の投稿から1か月程経ちましたが、通所されている方全員が、健康で過ごせている状況に職員全員が本当に喜んでいます。

コロナウィルスの影響が出てから約7か月程経ちますが、みなさんの行動はコロナに打ち勝つ行動を本当に我慢をし

頑張ってきたと思っています。

今までのような生活様式から変化を求められましたが、それを上手に受け入れて今に至っていること、本当に凄いです!!

これからの時期ですが、またインフルエンザの流行する季節にも入ってくるので、今まで同様に、手洗い・うがいの徹底を

引き続き行って頂きたいと思います。

このコロナウィルスの発生から学べた、手洗いとうがいの重要性は、どのような病気にも同様に大切な行動なのかも

しれませんね。

もう、これが当たり前になってきた生活ですので、コロナウィルスに決して負けない生活を送っていきましょう。

また、マスクの重要性も指摘されています。

人の多い場所、電車やバス、密になるような状況の場合は、マスクの着用をお願いします。

マスクはようやく市場に出てきていますが、まだ入手が困難な方など、職員へ相談して頂ければ、私たちも購入している

販売場所など教えることが出来ますので声を掛けてください。

P・S

職員の感染予防対策で、帰宅後すぐに入浴など出来ない場合は、手洗い・うがいに加えて、顔を洗うようにしている

​そうです。マスクで覆われていない場所を手で触る前に、洗い流すのも一定の効果がそうです。

◇引き続き注意して欲しいこと◇

○ 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。

このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

※屋内運動施設での運動は、新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団感染)のリスクが高いことから、お住まいの自治体の情報に従いましょう。

○ マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩する

ことも必要です。

○ 新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

○ 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。

体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。

〇 休憩時間を気にせずに水分の補給をしてください。これからの季節は、いつもよりも多く水分を持参して下さい。

事業所でも麦茶をご用意しているので、こちらもご利用ください。

これらを守りながら、ウィルスに負けずに有意義な作業ができるよう、みんなで工夫をしながら頑張っていきましょう!

宜しくお願いします!

​職員一同

現在の活動や商品の詳細などをより多くの方へ知って頂く為にFacebookページを公開しております。

​最新の情報なども是非Facebookでご確認ください。

​支援研修でのご協力先 (リンク)

NPO法人スペース・ほっと

名称未設定-1.png
​共同支援作業先(リンク)

2020年より生花作業を通して、横須賀 いずみ作業所さんと共同での支援作業をおこなっております。