お知らせ

令和3年1月8日

ご利用されるの皆さんへ  Vol. 13

みなさま

お疲れ様です。

先日お渡ししましたお手紙の通り、昨年から発生しているコロナウィルス感染症の発生により、事業所にも様々な影響が出てしまっています。

販売先は減少しておりますが、今まで通りの作業を今年も行っていきますので、みなさまには健康を維持していくことをお願いしますね。

またあらためてですが、コロナ感染症の対応について振り返って考えてみましょう。

今まで感染を抑えることを以下の通り、みなさんが行って頂けたことで感染を抑えてきたのですが、ここ最近の猛威には、今まで以上に意識を持って生活を送ることが必要になってきております。

 

​職員一同

一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策は?

◇新型コロナウイルスに感染しないようにするために

 

 

感染経路の中心は飛沫感染及び接触感染です。人と人との距離をとること(Social distancing; 社会的距離)、外出時はマスクを着用する、家の中でも咳エチケットを心がける、さらに家やオフィスの換気を十分にする、十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりする等で、自己のみならず、他人への感染を回避するとともに、他人に感染させないように徹底することが必要です。
また、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。無症状の者からの感染の可能性も指摘されており、油断は禁物です。
 これらの状況を踏まえ、「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒や咳エチケットの励行などをお願いします。

 

首相官邸ホームページより